俳優の間宮祥太朗さん(26)の始球式の様子が話題になっています。

スポンサーリンク

俳優の間宮祥太朗さん(26)の始球式とは?

7月23日、阪神甲子園球場で行われた試合前ファーストピッチセレモニーにおいて、7月27日から放送されるテレビ朝日系土曜ナイトドラマ「べしゃり暮らし」で主演を務める間宮祥太朗さんが登場しました。。

芸能界最速139キロ

間宮祥太朗さんは、小学校1年生から中学校3年生まで野球を続け、ピッチャーだったとのこと。ノーワインドアップで投球し、球場の球速表示は139キロ!球場にいるファンもどよめきました。

始球式の球速に正式な統計や記録はないですが、ゴールデンボンバーの樽美酒研二さんが2018年6月27日の「西武-オリックス」(メットライフドーム)で135キロを記録。その前の、同年6月5日にはダンス&ボーカルグループのGENERATIONSのメンバー・関口メンディーさんが「交流戦・巨人-楽天」(東京ドーム)で133キロを投げていました。

実際の始球式のようす

では、実際の様子を動画で確認してください。
*4分40秒からが始球式の映像です。

別角度の動画も

間宮祥太朗さん コメント

ご本人のコメントを抜粋しました。

「浮いちゃったなと。ストライクを投げたかったんですけど、久しぶりにマウンドに上がって、ちょっと力んだかなと思います」

「子どもの頃は、ずっと野球をしてきたので、夢のようです。まさか甲子園で、ファーストピッチを任されるとは思っていませんでした!」

「今日のファーストピッチセレモニーは、あまりにも短い時間で、かみしめる間もなく終わってしまいました。チャンスがあるならまたぜひともチャレンジしたいです!」

まとめ

間宮祥太朗さんて、ちょっとコミカルな役が多い気がします。最近の洗剤のCMもそんな感じですね。

でもこういう特技?が公表されると「お!」と思います。かっこいいじゃん!!となります。

応援したくなるから不思議なもの。芸能人の皆さん、特技をどんどん出して私達を楽しませてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事