自分へのご褒美は豪華に!衝動買いやムダ遣いを減らすコツ

「当店限定」「数量限定○○個まで」「3個購入でもう1個プレゼント」
これらに遭遇するとキツイです。冷静に考えられなくなってしまってつい買っちゃいます。
言い訳は「自分へのご褒美」にしちゃうこと、ありがちですよね?

スポンサーリンク

消費と浪費は違う

お金の使い方には3種類あって「消費」「浪費」「投資」に分けられています。

消費とは

生活するために必要な出費。
例:家賃、水道光熱費などの生活費

浪費とは

ムダ遣い。後から後悔してしまう出費。不必要な買い物。
例:衝動買い、買いすぎ

投資とは

かけた以上のお金が返ってくることが期待できる出費。
例:自己啓発セミナーなどの勉強会費用、専門分野の勉強代、株やFXなど。

 

費用対効果で分けられるようですね。

一般的に、絶対に必要な「消費」は節約しようという意識が働くのに「浪費」するときはあまり考えていません。

浪費=ムダ遣いを減らすにはどうしたらいいでしょうか?

ムダ遣いをしないために

ムダ遣いを減らすためには、絶対に余計なものは買わないぞーっ!という強い意志を持って出かけましょう。
なんて、そんなことができたら苦労しないんですよね。

私がやっているおすすめをお話しします。

レシートを見返す

スーパーで買い物をした後など、なんでコレ買っちゃったんだろう?と自分で気づくことが大事だと思っています。同時に、自分はこういうものを買いがちだ、という気付きもあります。そうするとだんだん気をつけるようになってくるのでムダ遣いが減ってきます。

レジ近くのものに惑わされない

スーパーやコンビニなど、レジ近くに置いてあるものはつい手が伸びそうになります。
そんなときは「これは店の戦略だ。その手には乗らない」と言い聞かせています(笑)。
すんごい顔になっているかもしれません。旅の恥はかき捨てです。

想像力をうんと働かせる

思いがけずかわいい服やモノに出会ってしまったとき、しかもそれが最初に挙げたような限定商品だったりするとなおさら冷静な判断ができなくなります。
今日じゃなきゃ買えないんでしょ?なら・・となってしまう前に一回落ち着いて想像してみます。
想像するのは、服ならばこれを着てどこに行く?とか、モノならばコレを何に使う?どこに置く?ということなのですが、ここでもっと具体的に想像します。
例えば服なら女子会に着ていくとか。で、そのあとは?どこに着ていく?
ここまで想像して何回も何か所も着ていく具体的な想像ができたら買ってもいいと思うんです。
でも1つくらいしか浮かばないなら、衝動買いだと判断して止めます。

ここで、いつも頑張っている「自分へのご褒美」を言い訳にはしません。

自分へのご褒美は豪華に

以前の私は毎年、人間ドッグが終わるとその足で日本酒を買って帰っていました。
大嫌いなバリウム検査を頑張った自分へのご褒美です。我ながらケーキとかスイーツ系にしないことに苦笑です。念のため言いますが、スイーツも好きなんですよ。

年に1回の人間ドッグで日本酒四合瓶ならまぁ良しとしますが、自分へのご褒美は小出しにしない方がよいと私は考えます。

だって、本当に頑張っているならそれ相当のご褒美が要りませんか?

忙しくて大変だけどこの仕事が一段落したら温泉に行こうとか、目標を立てて達成できたら憧れのブランドの時計を買おうとか「自分へのご褒美」てそういうことだと思うんです。

そうやって頑張って手にした「ちょっと豪華なご褒美」は大事にしますし、長く使えます。
衝動的に買うものじゃないんです。

まとめ

私の今までの豪華なご褒美は、旅行や時計・アクセサリーなどですね。良いものなので何年たっても今も使えます。結果として、適当なものを買うことを繰り返すより経済的です。

ちょっとのことにちょっとのご褒美なんて、オトナの女とは言えません。
ムダな浪費を繰り返すわけにはいきません。

いつもと違う豪華ディナーや温泉旅行、ちょっと高級なアクセサリーなどの豪華なご褒美に向かって頑張る姿はキレイなはずです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント