「富野由悠季の世界」ガンダム生みの親の展覧会が兵庫・島根・青森で

『機動戦士ガンダム』など数々のアニメーション監督を務めた富野由悠季氏の展覧会「富野由悠季の世界」が現在福岡市美術館で開催されています。
福岡の後、兵庫・島根・青森・静岡に巡回します。

スポンサーリンク

「富野由悠季」とは?

富野由悠季さんは、『機動戦士ガンダム』や『伝説巨神イデオン』などの数々の作品を手掛けてきたアニメーション監督です。

虫プロダクション時代に『鉄腕アトム』の演出・脚本に携わった後、監督デビュー作として『海のトリトン』を発表しました。

1979年に監督した『機動戦士ガンダム』で大ブームを巻き起こし、その後も原作・監督として携わった「機動戦士ガンダム」シリーズは代表作になりました。
以降、今に至るまで数多くのファンを持つ作品になっています。

また、監督・演出・脚本以外にも、小説家、作詞家などもしていて、「機動戦士ガンダム」シリーズ以外にも、数多くのロボットアニメを生みだして日本アニメ界の発展に影響を与えています。

「富野由悠季の世界」とは?

「富野由悠季の世界」は、「ガンダム」シリーズをはじめとするオリジナルアニメーションの総監督を務めてきた富野由悠季氏のこれまでの活動を回顧し、検証する初の展覧会です。

初期の駆け出しの頃から現在までの仕事を通して、時代や人々に与えてきた影響と、彼が訴え続けてきたのはどんなメッセージなのかを紐解きます。

富野氏直筆の絵コンテ以外にも動画やセル画、キャラクターの設定資料、ポスターなどのためのイラスト原画など、今まで公開されていなかった資料の数々が集結します。3,000点以上にものぼる、貴重な資料を目の当たりにすることができるというファンにはたまらない内容です。

会場では、作品の名場面をピックアップした映像展示も多数あって、全ての映像を見るには4時間以上もかかるというほど、充実した展示内容になっています。

既に6月から福岡で開催されているので、その様子をお伝えします。

「富野由悠季の世界」福岡開催の感想

6月22日から開催中の福岡での様子をツイッターから抜粋します。

開催概要

「富野由悠季の世界」

<兵庫展>
会期:2019年10月12日(土)~12月22日(日) 
会場:兵庫県立美術館
住所:兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1[HAT神戸内]

TEL:078-262-0901
休館日:毎週月曜日(ただし、10月14日(月・祝)と11月4日(月・振休)は開館、10月15日(火)と11月5日(火)は休館)
開館時間:10:00~18:00
※特別展開催中の金・土曜日は20:00まで ※入場は閉館30分前まで
観覧料:一般 1,400円(1,200円)、大学生 1,000円(800円)、高校生以下無料
※( )内は前売りおよび20名以上の団体。前売券は10月11日(金)まで発売。
要証明割引適用料金:70歳以上 700円(600円)、障がい者一般 350円(300円)、障がい者大学生 250円(200円)
※( )内は20名以上の団体。
※障がい者1名につき介護者1名は無料。

<島根展>
島根県立石見美術館
期間:2020年1月11日(土)~3月23日(月)

<青森展>
青森県立美術館
期間:2020年4月18日(土)~6月21日(日) 予定

<富山展>
富山会場
期間:2020年7月~9月 予定

<静岡展>
静岡県立美術館
期間:2020年9月~11月 予定

まとめ

この富野さん、少し前にマツコ・デラックスさんと共演しているところをTVで見ました。気さくな感じに見えました。

コアなファンの多い作品の監督さんの展覧会、見ごたえが凄そうです。

それにしても、東京や大阪での開催がなくて、地方開催ばっかりなんですね。そういうところもおもしろい!興味が出てきます。

時間に余裕を持って臨みたいですね!

コメント