世界中のミイラが集まる展覧会が日本で開催されます。

東京の国立科学博物館で開催されたあと、熊本・福岡・新潟・富山で巡回展があるそうです。

このミイラ展の内容と前売りチケット、お得な前売りチケットはあるのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

『特別展 ミイラ ~「永遠の命」を求めて』

人工的に作られたミイラ、自然になってしまったミイラなど、エジプト・ヨーロッパ・南米などの世界各地のミイラ全43体が日本に大集合します!

「ミイラが大集合」てちょっとおもしろい表現ですね。
自主的に集まってくれた印象を受けます。

この展覧会のスペシャルサポーターはビートたけしさんです。

『特別展 ミイラ ~「永遠の命」を求めて』展示内容

南北アメリカのミイラ

包みの模様が人物の特徴や出身地を表すとされている『チャチャポヤのミイラ包み6体』が展示されます。

世界最古の自然ミイラや、他にもたくさんのミイラが発見されています。

古代エジプトのミイラ

ミイラといったら古代エジプトですよね。

古代エジプトのミイラづくりは長い年月をかけてできたものだそうです。

ミイラづくりがはじまった頃の『石膏でできたミイラマスク』や、手法が発展してきた頃の『中王国時代の子どものミイラ』などが展示されています。

ヨーロッパのミイラ

ヨーロッパのミイラは多彩なのだそうです。

オランダの湿地で発見された自然ミイラである『ウェーリンゲメン』など、さまざまな自然環境を反映したミイラが展示されます。

チラシのメインビジュアルになっている2体のミイラが『ウェーリンゲメン』です。

オセアニア・日本のミイラ

高温多湿でミイラの保存には向いていないオセアニアや日本のミイラも展示されます。

パプアニューギニアの『肖像頭蓋骨』、日本の『即身仏「弘智法印 宥貞」』などです。

スポンサーリンク

『特別展 ミイラ ~「永遠の命」を求めて』開催概要

『特別展 ミイラ ~「永遠の命」を求めて』

開催期間:2019年11月2日(土)~2020年2月24日(月・休)
開催場所:国立科学博物館
住所:東京都台東区上野公園7-20
開室時間:9:00~17:00(金曜・土曜は20:00まで)※入場は各閉館時刻の30分前までです

【巡回情報】
・熊本:熊本城ホール
・福岡:福岡市博物館
・新潟:新潟市立新津美術館
・富山:富山県民会館美術館

当日券(前売券): 一般・大学生 1,700円(1,500円)、小・中・高校生 600円(500円)

『特別展 ミイラ ~「永遠の命」を求めて』お得な前売りチケットは?

一番お得な前売りチケットは「早割」チケットでした。
でも数量限定でしたのでもう完売してしまいました。

その次にお得なのが、以下のペアチケットです。

《前売ペアチケット》一般・大学生2名で 2,900円
《前売おとなこどもペアチケット》おとな1名こども1名で 1,900円

他にも、オリジナルグッズ引換券付入場券があります。

オリジナルグッズとは例えばこちらとか。

こちらもです。

チケットの販売は、ローソンチケット、イープラス、CNプレイガイド、セブンチケット(店頭のみ)となっています。
前売券の販売は11月1日までです。

詳細はコチラ→ 特別展ミイラ チケット

まとめ

世界中のミイラが集まる展覧会、
『特別展 ミイラ ~「永遠の命」を求めて』は11月2日(土)から東京の国立科学博物館で開催されます。

東京で2020年2月24日(月・休)まで開催されたあと、熊本・福岡・新潟・富山で巡回展が開催されます。

前売りチケットの販売は11月1日まで。ペアチケットを買うのが一番お得ですね。

ミイラ、ちょっと怖い気もしますが、せっかく日本に集合してくれるので、この機会に見てみたいです!

ミイラ展グッズはこちら↓

スポンサーリンク
おすすめの記事