東福寺・G20大阪サミット配偶者プログラム 昭恵夫人のおもてなし

 

京都の東福寺でG20大阪サミットの配偶者プログラムが行われ、各国の首脳夫人らが集まりました。

スポンサーリンク

G20サミットの配偶者プログラムとは?

正式には「首脳配偶者歓迎プログラム」といい、首脳陣がサミット開催中に、夫人らの交流を深めるために開催されます。

今回は、安倍昭恵夫人が関西各地を巡って案内をする、もうひとつの外交の場です。
昭恵夫人がプロデュースしたというおもてなしの内容も注目されています。

東福寺とは?

京都随一の紅葉スポットとも言われている東福寺。毎年紅葉シーズンになると、全国から多くの観光客が訪れにぎわいます。
国宝の三門や重要文化財の禅堂、ほかにも数多くの建造物や文化財・園庭など見どころが満載です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#G20 #東福寺 #ご婦人たちが訪れた場所に以前行ったよ #もみじが綺麗でした #G20大阪サミット

RUPIchai®️さん(@rupichai13)がシェアした投稿 –


東福寺

住所:京都府京都市東山区本町15丁目778
電話番号:075-561-0087
拝観時間:8時30分〜16時(季節により変動)
交通案内:JR奈良線・京阪本線「東福寺駅」下車,南東へ徒歩10分。

G20大阪サミットでの首脳配偶者歓迎プログラムは?

6月28日午前11時ごろ、大阪市内に集まった各国首脳の夫人たちが、1台の大型バスに乗りこみ京都の東福寺に到着。

付近では交通規制も行われ、警察による警備もかなり大掛かりなものとなっていました。
夫人たちはバスを降りたあと、28日朝に京都の嵐山から運ばれてきた人力車に1人1人乗りこみ、東福寺の中へと入っていきました。

東福寺の中の日本庭園が見える部屋で昼食会が行われた模様。この後、一行は天井に龍の絵が描かれている本殿に移動してフォトセッションが行われ、最後には記念品も配られるというものでした。

まとめ

何度か行ったことはありますが、京都は見どころがたくさんあり過ぎます。
なので東福寺には行ったことがありませんでした。でも次に行くときにはルートに加えてみようかな?なんて思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント