2019年7月2日(火)から10月6日(日)まで、東京国立近代美術館で展覧会「高畑勲展―日本のアニメーションに遺したもの Takahata Isao : A Legend in Japanese Animation」が開催されます。

スポンサーリンク

高畑勲とは?

『アルプスの少女ハイジ』(1974年)や『赤毛のアン』(1979年)などの日本人なら誰でも知っているTV名作シリーズ、や『火垂るの墓』(1988年)などを手掛けてきたアニメーション映画監督です。

『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968年)ではじめて長編演出をした後、『アルプスの少女ハイジ』や『母をたずねて三千里』(1976年)などのテレビアニメを経て、宮崎駿とともに設立したスタジオジブリで監督作を手がけました

類型化されないキャラクターの演技や感情表現を持ち込んだこと、日常生活を描くという新たな表現領域の開拓や背景とキャラクターの一体化といった革新的な表現に挑み続けた点、あらゆる芸術ジャンルの知識を生かした表現スタイルの探究に関わるなど、戦後の日本のアニメーションの発展に大きく影響を与えた人物です。

展示内容

この展覧会では、高畑勲の「演出」というポイントに注目し、絵コンテなどの多数の未公開資料も紹介しています。
絵を描かない監督がどのようにして歴史に残るアニメーションを作ったのか、他のクリエイター達との交流や宮崎駿らとのチームワークも検証し、共同制作の過程を通して明らかにしています。多面的な作品世界の秘密に迫ります。

開催概要

展覧会名 高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの Takahata Isao: A Legend in Japanese Animation
会場   東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー
     (〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1)
会期   2019年7月2日(火)~10月6日(日)
休館日  月曜日(ただし7月15日、8月12日、9月16日、9月23日は開館)、7月16日(火)、8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)
開館時間 10:00-17:00(金、土曜日は21:00まで)
※入館は閉館30分前まで

お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

巡回予定 2020年4月10日(金)~5月24日(日)
会場   岡山県立美術館

前売りチケット

前売り企画チケットは、ローソンチケット・チケットぴあ・イープラスで販売されています。
それぞれ違うグッズと観覧券がセットで販売されていて、各1,000枚限定です。

通常チケットは以下の通りで、中学生以下は無料です。

観覧料(税込)当日券前売券団体券
一般1,500円1,300円
大学生1,100円900円
高校生600円400円

詳細はこちら→チケット情報

まとめ

2018年に亡くなられた高畑勲監督の初回顧展です。
子供の頃、日曜日の夜に放送されていた『アルプスの少女ハイジ』などのアニメを毎週楽しみにしていました。小学生の頃から高校生になってからも、ほとんど見ていたと思います。
そこからジブリ作品へと繋がっていったのですね。

高畑勲展、見に行きたいです!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事