新潟市中央区の「沼垂テラス商店街」で7月20日(土)に夜市が行われます。

スポンサーリンク

「沼垂テラス商店街」とは?

新潟市中央区の東側、信濃川河口近くにある古くからの町「沼垂(ぬったり)」。
この町で、もともと市場として使われていた長屋を改装し、昭和レトロな町並みを残しつつ新しく生まれ変わったのが商店街です。

2010年から少しづつお店がオープンしはじめ、2014年に店舗全体を管理する事務所が開設されました。その後、次々にお店が増えて、2015年春にはついに、旧沼垂市場のすべての長屋が店舗として開業しました。

夜市とは?

2015年4月から、4月~11月の毎月第1日曜に「朝市」が開催されています。

普段は営業日が異なる商店街のお店が、この日はほぼ全店一斉オープン。
通りは歩行者天国となり、新潟市内外の素敵なお店が並び朝市を盛り上げます。

「夜市」は朝市の夜バージョン。キャンドルやランタンの明かりでライトアップされた商店街で、全店一斉オープン。 通りは歩行者天国となり新潟市内外の素敵なお店が並びます。夜市限定の食事メニューやアルコールが楽しめ、ワークショップなども行われます。

9月21日(土)にも開催予定です。

前回のようす

前回の夜市のようすをSNSからご紹介します。

開催概要

「沼垂テラス商店街」夜市

日時:7月20日(土) 17:30~21:30
場所:沼垂テラス商店街 新潟市中央区沼垂東3-5

問合せ:テラスオフィス
TEL:025-384-4010

沼垂テラス商店街へのアクセス

沼垂テラス商店街へのアクセスについてまとめました。

徒歩

新潟駅から徒歩20分です。

駐車場

駐車場については下記の通りで公共交通機関の利用をおススメしています。

【車でお越しの方へ】
・イベント時限定の無料駐車場をご用意しております(台数に限り有)。
・当日イベントスタッフがご案内いたしますが、満車の場合は近隣のコインパーキングにお停めいただくようお願い申し上げます。
※イベントスタッフが案内する以外の場所の駐停車は、固く禁じております。(第四銀行、北越銀行、大光銀行、老人憩いの家 沼垂荘、今代司酒造、峰村醸造、中央図書館(ほんぽーと)、周辺の住宅等への駐車は利用者のご迷惑になりますので禁止です。)
※公共交通機関のご利用をおすすめしております。

引用元:http://nuttari.jp/market/

バス

「沼垂四ツ角」バス停より徒歩2分
「蒲原町」バス停より徒歩5分

新潟交通バス
「新潟駅前~臨港病院前」の臨港線、
「市役所前~松浜/新潟医療福祉大学前」の空港・松浜線、
「市役所前~向陽三丁目/下山スポーツセンター」の河渡線などで、
「沼垂四ツ角」下車、徒歩2分。

大形線・牡丹山線・竹尾線・石山線などで、
「蒲原町」下車、徒歩5分。

タクシー

タクシーだと、新潟駅万代口から乗って1,000円かからないです。

レンタサイクルがオススメ

基本料金が3時間100円、以後1時間ごとに100円追加となります。
沼垂に一番近いステーションは、
新潟駅万代口・バスターミナル近くの「→石宮公園地下自転車駐車場」です。

まとめ

ノスタルジックな雰囲気の商店街と言われていますが、夜になるとノスタルジック度が増しているようですね。昼間は暑いですが、ちょっと涼しくなってからの沼垂散策も良さそうです。

夕方まではこちらもオススメ↓

スポンサーリンク
おすすめの記事