JR東日本ウォータービジネスが2019年8月29日(木)、自動販売機のサブスクリプション(定額制)サービス「every pass(エブリーパス)」を2019年10月から開始すると発表しました。

スポンサーリンク

自動販売機の定額制サービス「every pass」とは?

日本初の自販機業界での自社アプリを活用したサブスクリプションサービスです。

利用者は、専用スマートフォンアプリ「acure pass(アキュアパス)」を使います。そこに毎日QRコードが配信されるので、JR東日本エリアの駅構内に約400台設置されている最新型自動販売機の「イノベーション自販機」にそのQRコードをかざすと、対象の商品を1日1本受け取ることができます。

「JR東日本ウォータービジネス」とは?

このサービスを発表した「JR東日本ウォータービジネス」とは、JR東日本グループ向け清涼飲料の卸やエキナカを中心とする自動販売機事業、また谷川岳の湧水を活用したオリジナル商品の開発などの事業を行っている会社でJR東日本の連結子会社です。

選べる2つのプラン

プランは2つで、月980円の「アキュアメイドプラン」と、月2,480円の「プレミアムプラン」です。

「アキュアメイドプラン」は、JR東日本ウォータービジネスが展開する商品ブランド「アキュアメイド」の商品限定。

「プレミアムプラン」は、「アキュアメイド」の商品のほか、他飲料メーカーの商品も含めた自販機で取り扱う全商品が対象になっています。

「every pass」サービス利用者の募集

サービス開始にあたって、9月2日(月)から16日(月・祝)まで、サービス利用者の募集をします。募集人数は両プラン合わせて500人で、抽選で決定します。

応募はスマホアプリ「acure pass」で行われ、10月1日からサービスが開始になります。

実質、プランは選べない?

2つのプランがあるなら、月980円のプランがお得でいいな、と思う方が多いでしょう。

でも、この月980円の「アキュアメイドプラン」は、利用して1か月経つと、自動的に月2,480円の「プレミアムプラン」に移行されます。

自動的に月2,480円のプランに移行されて戻れません。

これについてネットでは、以下のような声が出ています。

  • よく読んだら、980円じゃなくて2480円やんか。
  • 980円は一ヶ月限定かよ  だめじゃんwww
  • 実質2480円コースだけ 
  • こういう期間限定価格をさも通常料金みたいに見せるのやめろよ
  • 月980円のプランは1ヶ月しか加入できず,月2480円のプランに自動移行。 
    それで選べるとか言うか

1か月で自動以降というのがひっかかりますし、「JR東日本エリアの駅構内の約400台」という自販機自体が少ないという意見もあります。

まとめ

日本初の自販機の定額制サービスが10月1日から始まります。

JR東日本の駅構内にある約400台の最新自販機が対象です。

プランは月980円と月2,480円の2つのプランがありますが、月980円のプランを1か月利用すると自動で月2,480円のプランに移行します。

どちらのプランも一日一本です。

サービス利用者の募集は、9月2日(月)から16日(月・祝)まで、スマホアプリ「acure pass」から応募できます。

このサービスについては、以下のように安さを強調しています。

たとえば150円の飲み物を30日間買うと計4500円かかりますが、「every pass」だとそれより安く利用できます。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

でも、通勤・通学の人だって休日があるので月に30日電車を利用する訳ではないし、量販店で飲み物を箱買いして毎日持って行ったり、水筒を使ったりした方が節約にはなると思うので、安さを強調するにはちょっと弱いかな?
ずっと月980円のプランが使えるなら安くて便利でいいな、とは思いますが。

私の使う路線の駅構内に対象の自販機があって、しかもわかりやすい通り道にあるなら考えてもいいかな、という程度です。東京の大きな駅ならそんな心配はないのでしょうね。

このサービス、どうなるでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事