「日本人お断り」沖縄石垣島のラーメン店 理由は客の悪態が年々悪化

沖縄県石垣島のラーメン店で「日本人客お断り」の貼り紙を出している店が報道され、ネットで話題になっています。

スポンサーリンク

「日本人客お断り」の理由は?

どうしてそんなことになったのでしょうか?

「日本人客はお断り」―。沖縄県石垣市内にあるラーメン店の一つが1日から、観光客や地元客を含む日本人客の入店を制限している。理由はマナーの悪さ。食品を持ち込んだり長居したり、席を余分に取ったり。1人で切り盛りする店主の男性(42)は「日本では『お客さまは神様』とされ、客自身もそう思っているが、そうなのか。金を払えばいいというのはおかしい」と話している。制限は9月末までを予定。

引用元:https://www.okinawatimes.co.jp/

どんなお店?

「麺屋 八重山style」という石垣市の人気ラーメン店だそうです。

店舗はカウンターのみの全8席で、1人に付き1杯を提供しないともうけが出ないので、3年くらい前から入り口の扉や券売機に「1人1杯」を守ってもらうことや、乳幼児がいる家族連れの入店を断る張り紙もしていました。

でも、日本人客の中には注文しない人がいたり、納得がいかずに悪態をついたりする客は逆に増えていきました。
最後のアルバイトさんは接客が辛くて辞めました。店主は「重い負担は掛けられない」と1人での勤務を続けています。

一方で、客の半分くらいを占める外国人観光客のマナーは対照的に良くなっているそうで、店主は「マナーが悪い日本人客が来なくなればストレスもなくなる。日本人客は会員制にすることも考えている」と話しているとのことです。

ネットでの反応

このことに関してのネットでの反応を抜粋しました。

まとめ

う~ん、どうなんでしょう?
中には態度が悪いお客もいるとは思いますが、日本人は大多数がマナーが良いのでは?と思います。

全く別の話ですが、以前、初めてランチに行った店で、何回呼んでもなかなか注文を取りに来てくれないことがありました。見ると、お客さんが帰った後、全く片付けをしていないテーブルもいくつかあります。
もういいから帰ろうと連れに言っても、連れは同意してくれません。
3回以上呼んで、やっと来た店員は注文を聞き間違え、正すと、迷惑そうに私を見ました。
あぁこの店員、「イヤな客につかまったなぁ」て思っているな。と直感しました。

私は別にクレーマーではありません。この時は声も荒げていませんでした。
普段はフツーの客です。

このことから私が実感したのは、「嫌な客は店が作る」ということです。

今回の、この石垣島のラーメン店がどうかはわかりませんが、嫌な客が多い店というのは、ある程度、店側にも問題があると私は思います。

*10月9日 追記
予定通り、10月からは日本人客も入れる通常営業に戻っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント