ワークマンのレディースフリースが大人気です。去年は10月初旬には売り切れたほど。
フリースはユニクロも有名ですが、ワークマンとユニクロの違いはなんでしょうか?

スポンサーリンク

ワークマンのレディースフリースとは?

少し前までは、作業着が売っているようなイメージしかなかった「ワークマン」。

安くて機能的でデザインも素敵!と、タウンユースにも女性にも人気になっていて、メディアでも取り上げられるようになってきました。

今回、話題なのは「レディース裏アルミダイヤフリースジャケット 」。デザインも可愛くて、もこもこフリースの裏地にアルミが使われています。

ワークマン「レディース裏アルミダイヤフリースジャケット 」商品詳細

ワークマン「レディース裏アルミダイヤフリースジャケット 」

フリースは肌触りが気持ちよく、裏アルミプリントが体温を逃がさず暖かいのが特長です。

カラー:ダイヤホワイト・ダイヤゴールド・ダイヤブラック
サイズ:S~L
素材:ポリエステル100%

価格:1,866円+税

ワークマン「レディース裏アルミダイヤフリースジャケット 」感想

去年は10月初旬に売り切れたということもあって、まだ暑いうちから購入している人も多いです。

すでにSNSにも投稿されています。

メンズはネイビーもあるようです。

フリースジャケットなので、ちょっとくらい大きくてもいいですね。メンズを着るのもアリです。

ユニクロのフリース

フリースといえば、ユニクロです。

カラーもデザインも豊富。ジャケットタイプのものは1,990円+税~あります。

フリース商品は、Tシャツやジャケット、コート、ワンピースなど。ボアフリースタイプもあり、レディースもメンズも品揃えが豊富です。

スポンサーリンク

ワークマンとユニクロのフリースの違い

フリースの違い、というか、フリースジャケットの違いですね。

今回、話題になっているワークマンの裏アルミダイヤフリースジャケットとユニクロのフリースジャケットの違いです。

【ワークマン】
価格:1,860円+税
カラー:3色(メンズは5色)
裏アルミで温かい

【ユニクロ】
価格:1,990円+税~
カラー:豊富。(デザインも豊富)
ジャケットだけでなくいろんなアイテムがある。ボアタイプも。

まとめ

こうして見ると、ユニクロは色柄やアイテムが豊富で、さすがフリースで成功したブランドだけのことはあります。

ワークマンは機能重視なので色はベーシックカラー。合わせやすい色ですね。裏アルミは体温を逃さず暖かいです。

最大の違いは、カラーバリエーションvs裏アルミですね。

おしゃれ度を重視するならユニクロ、機能を重視するならワークマン。ということになります。

私は機能重視で。白が可愛い。気になる方はお早めに!

パーカーはこちら↓

ルームシューズはこちら↓

スポンサーリンク
おすすめの記事