映画「未来のミライ」が7月19日、金曜ロードショーで地上波初放送されます。

スポンサーリンク

「未来のミライ」はどんな映画?

【公開】
2018年7月(日本映画)

【監督】
細田守

【キャスト】
(声の出演)上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司、福山雅治

【作品概要】
『時をかける少女』、『サマーウオーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』の細田守監督のオリジナル長編劇場用アニメーション。

上白石萌音の妹、上白石萌歌が声優に初挑戦で、主人公くんちゃんの声を担当。両親役に星野源、麻生久美子、祖父母役に宮崎美子、役所広司、ひいひいじいじを福山雅治が担当している。

あらすじ

4才のくんちゃんに妹ができました。

それまではくんちゃんが両親の愛情を一身に受けていましたが、お父さんもお母さんも小さな妹にかかりっきりに。

妹に、両親の愛情を奪われた!と感じたくんちゃんは赤ちゃん返りをしてしまいます。
無理を言ったり、駄々をこねたり、感情を抑えることができません。

いじけたくんちゃんが庭に出ると…そこには大きくなった未来のミライちゃんがいました…!

「未来のミライ」は、とある都会の片隅の家族の物語です。

疑問は?

映画を見た人で疑問がある人も多いようです。

4歳児があんなにしっかりはっきりしゃべれるかい!

ペットの犬が人の形になって喋れたのはなぜですか?あの尻尾はどういう意味があるんですか?

どこで泣けるのかちょっと意味がわかりません。

主人公の声が違和感ありすぎるし、ストーリーも同じパターンの繰り返しであーこれで次こうなるのねってすぐ分かります。
結局なぜそうなったの?ってとこは表現されないまま終わりました。

SNSでの評判

ツイッターでの評判を少し紹介します。

感動した人の共通点

賛否両論あるのは映画としては普通ですが、全体的には酷評が目立ちます。

そんな中、「感動した」という感想の人の共通点は、子育て中、または子育て経験者が多いようです。

まとめ

ファンタジー作品なのに、「子育てあるある」のリアリティーがある作品なので、多くの子育て経験のない人達からは酷評になっているようです。

そこのところを理解して観た方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
おすすめの記事